2016.06.30

ダイエット教習所【8】10日でマイナス3kg!!

いよいよ夏! 水着はもちろん、肌の露出が増える=ボディラインがイヤでも気になりますね。ダイエットをしたいけど、今からでもまだ間に合うのか、気にしている人も多いのではないのでしょうか? そこで今回は、短期集中肉ダイエット講座です

ダイエット教習所【8】10日でマイナス3kg!!

夏までに、肉ダイエットで10日間でマイナス3kg

肉ダイエットでも、短期に集中して行えば、10日で結果を出すことは可能なんですよ。
今回は、今までのおさらいもかねて、3つのポイントにしぼって短期集中の肉ダイエットをすすめていきましょう。

では、その3つとは・・・・

 

 

その1「お肉を食べること」

 

その2「ひと口29回噛むこと」

 

その3「2.9秒お腹に力を入れること」

 

以上です。

え? 簡単すぎ?
でも、本当です。さらに、食事の組み合わせにもちょっとしたコツがありますので、一緒に覚えてしまいましょう。
実際の食事では、肉+食材の組み合わせも大事です。
基本となるのは肉などのたんぱく質、また肉をはじめとする魚介、卵、大豆製品、乳製品といった脂肪燃焼食品を1食につき2種類以上組み合わせて食べましょう。

 

緑の葉もの野菜を中心とした生野菜のサラダは、ビタミンやミネラルが摂れるだけでなく、噛むことにもつながるので積極的に食べましょう。冷えを心配して温野菜を選ぶ人もいるかもしれませんが、肉がしっかり体を温めてくれるので生野菜でも大丈夫です。

 

そして食事の最初に欠かせない汁ものには、野菜たっぷり具沢山の味噌汁を。その後、野菜、肉と食べても、まだご飯が食べたいというときは、冷たいおにぎりを。冷たいご飯はデンプンの一部が消化吸収されにくいデンプンに変わるので、オススメなのです。

痩せやすい食べ方、考え方を習慣にする

こうして10日間集中して3kgのダイエットに成功しても、ダイエットは日常的な習慣にすることが大切です。

せっかく絞った身体も元に戻ってしまっては、元も子もありません。焼き肉やステーキのスタミナ料理や、疲労回復にオススメの豚の冷しゃぶ(タレはポン酢で!)で、肉を食べることを意識しましょう。

 

暑い日が続くと、素面や冷や麦などに箸が伸びてしまうこともありますが、これらは身体を一気に冷やし、痩せにくい体を作ってしまうので要注意。どうしても素面を食べたいのであれば、チャーシューを入れるなどして、たんぱく質を加えましょう。

夏はもちろん、これからずっとスリムな体を維持するためにも、肉をはじめとする脂肪を燃焼させる食材を摂ることや食材の組み合わせを意識するのを忘れないで! 集中ダイエットも可能ですが、ダイエットは習慣化するのがベストです。
もし負けそうになったら、『“私史上一番”な愛されボディになれる 最強「肉食」ダイエット』(世界文化社)も参考にしてくださいね。

みんなで、ぜひ肉食ダイエットにチャレンジ!

 

 

【読者プレゼント】

長谷川香枝さんの最新刊、『“私史上一番”な愛されボディになれる 最強「肉食」ダイエット』(世界文化社)を直筆サイン入りで3名様にプレゼントいたします。締め切りは7月末日です。

ご応募は下のフォームよりお願い致します。たくさんのご応募おまちしております。

http://www.nikumedia.com/present/

 

長谷川香枝

長谷川香枝

肉ダイエット・インストラクター。日本で唯一の「人生を変える肉食指導」を行う。ダイエット・美容・健康の敵と思われがちな肉を正しく食べることで健康的にやせられる事実を普及するべく、「kae式肉ダイエットプログラム」を開発。数々の男女の腹を 凹ませ、仕事・恋愛両面での成功体質に導く。特に男性向けのハラミ(腹美)体操・女性向けのカルビ(軽美)体操は、気軽に取り組め効果大との声が多い。成蹊大学とのコラボレーションによる「美肌肉ダイエット弁当」をプロデュースするなど、肉食によるダイエット普及に 力を注いでいる。著書に、『“私史上一番”な愛されボディになれる 最強「肉食」ダイエット』(世界文化社)、『デキる男の超・肉食習慣』(アチーブメント出版)。

<FB> https://www.facebook.com/kae.hasegawa.1

<Twitter>https://twitter.com/29dietkae/

http://29diet.com/