2015.08.24

ダイエット教習所【1】実は肉食は太らない!?

肉を食べて痩せよう! を提唱する、人気 肉ダイエットインストラクター長谷川香枝先生の特別連載です。肉は太るはウソだった?!

ダイエット教習所【1】実は肉食は太らない!?

ステーキVSうどん 太るのはどちら?

多くの人がお肉を食べると太っていませんか? 実は私もそうでした。ケガでチアリーディングをやめてから半年で20kgも太った後、あらゆるダイエット法を試した結果、たどりついたのが大好きなお肉が食べられる肉食ダイエットだったのです。でも、お肉とダイエット。対極のイメージをお持ちの方が多いのでは?

 

ではここで、クイズをひとつ。

ステーキとうどん、太るのはどちらだと思いますか?

「そんなの決まってるじゃない、ステーキでしょ? だって、うどんはヘルシーだもん」。

実はこれ、大きな勘違いなんです。答えはうどん。では、その理由をご説明していきましょう。

ご飯一膳で角砂糖14個?!

ダイエットをする際、カロリーばかりを気にしがちですが、実はダイエットにカロリーは関係ない! というのが、私の10年間の持論です。太る一番の原因は糖質。食物に含まれる栄養素のひとつである糖質を摂取すると、血糖値が上昇し、肥満ホルモンであるインスリンが大量に分泌されることにより、脂肪を溜め込むため、太るのです。ダイエットを心がけているかたは、糖質の少ない食品を選び、血糖値の上昇をゆるやかにすることが、太りにくいからだづくりの1歩です。

 

ヘルシーに思われがちなうどんですが、実は糖質の多い食品のひとつ。また、ご飯一膳(150g)には、なんと角砂糖14個分もの糖質が含まれており、一気に血糖値は上昇、肥満街道まっしぐらなのです。その一方、お肉にはほぼ糖質が含まれていません。したがって、ステーキを食べても、肥満ホルモンのインスリンは分泌されないのです。

 

さらに肉食ダイエットにはメリットいっぱい

お肉には筋肉を作り、基礎代謝を上げる、タンパク質が多く含まれています。また、チロシンという食欲を抑制してくれる物質も含まれていますし、さらに、L-カルニチンには脂肪燃焼効果があります。また、食べる際にはよく、29(ニク)回しっかり噛んで時間をかけて食べることで、お腹もいっぱいになります。こんなダイエットに最適な食材お肉。何故太ると言われてしまうのでしょうか……。

私が肉食ダイエットを試みて、いろいろ調べた結果、お肉には太らない要素がたくさんあることを発見、今では肉ダイエットインストラクターとして活躍している、というわけです。

これを読んでいるお肉が大好きな皆さま、お肉は太らないメカニズムはご理解いただけかと思います。

では次回は肉料理どうしを比較し、より太らないメニュー対決! をお届けします。どのくらいみなさん知っているのか、私も楽しみです。次回の更新をお楽しみに!

長谷川香枝

長谷川香枝

 

肉ダイエット・インストラクター。日本で唯一の「人生を変える肉食指導」を行う。ダイエット・美容・健康の敵と思われがちな肉を正しく食べることで健康的にやせられる事実を普及するべく、「kae式肉ダイエットプログラム」を開発。数々の男女の腹を 凹ませ、仕事・恋愛両面での成功体質に導く。特に男性向けのハラミ(腹美)体操・女性向けのカルビ(軽美)体操は、気軽に取り組め効果大との声が多い。成蹊大学とのコラボレーションによる「美肌肉ダイエット弁当」をプロデュースするなど、肉食によるダイエット普及に 力を注いでいる。著書『デキる男の超・肉食習慣』(アチーブメント出版)。

 

<FB> https://www.facebook.com/kae.hasegawa.1

<Twitter>https://twitter.com/29dietkae/

http://29diet.com/