• TOP
  • Health & Beauty
  • ダイエット教習所【12】ダイエット中の飲み会攻略法(後編)

2016.10.21

ダイエット教習所【12】ダイエット中の飲み会攻略法(後編)

飲み会で欠かせないのが、もちろんお酒。今回は、お酒を美味しく飲みながら肉ダイエットを続けるテクニックと、飲み会後に注意すべきポイントをご紹介します。

 

【前編はこちら】

ダイエット教習所【11】ダイエット中の飲み会攻略法(前編)

ダイエット教習所【12】ダイエット中の飲み会攻略法(後編)

お酒を飲むときのテクニック

飲み会の乾杯時の最初一杯はビールになることが多いはず。「ビールは一杯まで」を守る鉄則は前回お伝えしたとおり。二杯目からは、糖質を含まないといわれる蒸留酒の焼酎・ウィスキー・ハイボールなどを選びましょう。赤ワインは醸造酒ですが糖質が低めかつポリフェノールも豊富なのでダイエット中も○! お肉と合うので私もよく頼みます。

 

女性の場合はカクテルが好きな人も多いと思いますが、カシスオレンジなどの甘いカクテルより、ジントニックやモヒートなどさっぱり系のものを選びましょう。また居酒屋の定番、サワーも柑橘系の生搾りレモンやグレープフルーツのほかに、アルコール摂取によって失われる栄養素、ナトリウム多く含むうめ干しサワーもオススメ。

 

ビール、サワー、カクテルなどは、どれも冷たいお酒なので体を冷やし、代謝を下げてしまいます。そこで代謝を上げるお肉料理をプラス。温かいお酒も選べるなら、ホットワインや熱燗でも。ただし、日本酒は糖が多いので飲み過ぎには注意が必要です。

 

そしてお酒を飲むときの一番のポイントはおつまみの選び方。タンパク質が多い肉、魚、大豆製品、乳製品、卵を選べば、ダイエットだけでなく、肌や髪など美容面にもいい影響が期待できます。中でもアルコール分解成分であるビタミンBを多く含む豚肉を使った豚キムチや、脂肪燃焼効果の高いLカルニチンが豊富な牛肉のメニューなどを選んで。

飲み会後のポイント

飲み会の後、締めのご飯ものはシェアしたにもかかわらず、さらに締めのラーメンという甘い誘惑にさらされることもありますよね。これは、断る勇気を持ちましょう。

 

二次会に行くなら、シンプルなバーなどを選び、生ハムやカルパッチョなどタンパク質を多く含むおつまみ(タンパク質は就寝中、肌等を修復してくれると言われているため、遅くに食べてもOK)で済ませるのが二次会の賢い過ごし方です。甘いデザートなどは避けて。

 

ただ、勢いでカラオケへということもあるはず。カラオケではお腹に力を入れて立ち、大きな声で思いっきり(or本気で)歌ってください! おつまみは、枝豆、ミックスナッツやチーズなどにしておき、食べるより歌を楽しみましょう。

 

帰り道では、ペットボトルの水を飲みながら帰りましょう。水分を摂ることは代謝を活性化して、むくみの解消にもつながります。帰宅する間に500ミリリットルのペットボトルを飲み切ってしまうぐらいがオススメ。

 

前編でご紹介した「飲み会中のポイント」どおりに食べ過ぎ防止に気を付けて飲み会を乗り越えられたけれども、最後のフライドポテトに少し後悔……。いえいえ、大丈夫です。そんな後悔は捨てましょう! 帰宅の道のりだって利用できます。歩くときは、お腹にギュッと力を入れ、手を大きく振る、大股で歩く、早歩き(転ばないように注意!)などすれば、わざわざ運動をする必要がなくなります。できれば、ひと駅かふた駅、歩ければベスト。

 

寝る前や入浴中は前にもご紹介しているにくにくストレッチ希少部位ストレッチをしましょう。明日のむくみの原因は今日のうちに対処。睡眠前の軽いストレッチで副交感神経を優位にさせ、リラ~ックスしてから眠りましょう。

 

翌日は、お酒が残っていなければ、いつもの糖が少な目の食生活をしてOK。量の調整も不要です。もし、体がだるかったり、むくんでいたりしたときは、カリウムが豊富でナトリウムの排出を促す海藻サラダやワカメの入った味噌汁を。インスタントの味噌汁なら、飲み会の翌朝でも簡単ですね。昼食には、サラダと味噌汁がついている定食を選べば、飲み会後の調整としては◎です。

 

いかがでしたか? ダイエット中だからといって、飲み会や女子会をあきらめなくてもいいということがおわかりいただけたと思います。ちょっとしたポイントに気をつけることで、賢く肉ダイエットを続けていきましょう。

長谷川香枝

長谷川香枝

肉ダイエット・インストラクター。日本で唯一の「人生を変える肉食指導」を行う。ダイエット・美容・健康の敵と思われがちな肉を正しく食べることで健康的にやせられる事実を普及するべく、「kae式肉ダイエットプログラム」を開発。数々の男女の腹を 凹ませ、仕事・恋愛両面での成功体質に導く。特に男性向けのハラミ(腹美)体操・女性向けのカルビ(軽美)体操は、気軽に取り組め効果大との声が多い。成蹊大学とのコラボレーションによる「美肌肉ダイエット弁当」をプロデュースするなど、肉食によるダイエット普及に 力を注いでいる。著書に、『“私史上一番”な愛されボディになれる 最強「肉食」ダイエット』(世界文化社)、『デキる男の超・肉食習慣』(アチーブメント出版)。

<FB> https://www.facebook.com/kae.hasegawa.1

<Twitter>https://twitter.com/29dietkae/

http://29diet.com/