• TOP
  • Health & Beauty
  • ダイエット教習所【13】肉食弁当の正解・不正解

2016.11.15

ダイエット教習所【13】肉食弁当の正解・不正解

みなさんの中にも、旦那様に、お子さんに、そして自分用にと、毎日お弁当を作ってるかたも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、肉メディア編集部のスタッフが長谷川先生の『最強「肉食」ダイエット』を読んで一念発起。

1週間の“肉ダイエットお弁当作り”に挑戦してみました。しかし、この献立、正解? 不正解?

ダイエット教習所【13】肉食弁当の正解・不正解

1日目

【献立】

たまご焼き(和風だしのみ)
から揚げ(冷凍)
ブロッコリーのおひたし(めんつゆ)
ミニトマトとチーズのマリネ
ツナたまキャベツスープ

 

編集部員:お肉には冷凍食品のから揚げをチョイスしました。

 

 

長谷川先生:鶏肉にはビタミンAがたくさん入っていて粘膜を強くしてくれるので、風邪予防や美肌にいいといわれています。これからの季節にもオススメです。プラス卵焼きでタンパク質を加えているところもいいですね。

 

編集部員:野菜についてはどうですか?

 

長谷川先生:ビタミンCが多く(レモンの約2倍)、抗酸化成分が豊富なブロッコリーをお肉に合わせることで、さらに代謝がアップするといわれていますよ! ただ、プチトマトは普通のトマトより糖質が高いので、できれば普通のトマトに変えたほうがいいですね。

 

編集部員:そうなんですね! 普通のトマトを角切りにしてチーズとあえることにします。

 

長谷川先生:スープを持ってきているのは、すばらしいです。食べるときはまず最初にスープを半分ぐらい食べて、代謝を上げるといいですよ。このスープはタンパク質が豊富なツナと卵も入っているので具材のチョイスも問題ありません。食べたものの吸収を助けてくれたり、便通をよくしてくれたりするという食物繊維やビタミンCが摂れるキャベツは大きく切って、噛み応えや食べ応えを残しましょう。

2日目

【献立】

塩煮豚(作り置きメニュー)ネギソース
海苔チーズ卵焼き
ミニトマト

オクラのおかか和え
キンピラゴボウ
ブロッコリーガーリック焼き
(オリーブ油とニンニクで軽くソテー)

 

 

長谷川先生:まず、スープを足しましょう。

 

編集部員:どんなスープがいいんですか。

 

長谷川先生:お味噌汁なんていいですね! もちろん市販のものでもいいんですよ。家から、味噌と具材をラップに包んで持っていって、お湯で溶いてもいいですね。スーパーで売っている鶏肉のお団子と春雨を鶏ガラスープに入れるだけでも、お腹がいっぱいになるスープが作れます。

 

編集部員:簡単なんですね。必ずスープは持っていくことにします。お肉は、塩煮豚を作り置きして活用しています。

 

長谷川先生:豚肉はビタミンBが豊富で疲労回復に向いていますし、お酒を飲んだ次の日にもオススメです。ネギソースが美味しそうですね。ネギのアリシンという成分はお肉の栄養素の吸収を促してくれるんですよ。調味料の砂糖をみりんにすると、さらに糖質を半分ぐらいにできますよ。海苔チーズ卵焼きは卵とチーズのタンパク質だけでなく、海苔のミネラルも摂れますね。ただ、キンピラゴボウはちょっと要注意ですね。

 

編集部員:あ、そうなんですか!?

 

長谷川先生:ゴボウは食物繊維がたっぷりでOKなんですが、ゴボウもニンジンもお野菜の中では糖質が高いんですね。もしゴボウが食べたいんだったら、牛ゴボウにするとか、牛肉のゴボウ巻きにするとかだといいですよ。

 

編集部員:野菜でも気をつけないといけないものもあるんですね。

 

長谷川先生:それと煮物は砂糖で煮詰めることが多いので、みりんに変えるなどしてください。ブロッコリーのガーリック焼きに、イカを加えるとタンパク質がプラスできますね。

 

編集部員:タンパク質をどんどん摂っていくことが大切なんですね。

 

 

意外な指摘ポイントもありつつ、スタッフのお弁当生活は順調にスタートした模様。翌日の水曜日には打ち合わせが入り外食でのランチになりましたが、その後もお弁当作りを続行。次回、その続きをお伝えします!

長谷川香枝

長谷川香枝

肉ダイエット・インストラクター。日本で唯一の「人生を変える肉食指導」を行う。ダイエット・美容・健康の敵と思われがちな肉を正しく食べることで健康的にやせられる事実を普及するべく、「kae式肉ダイエットプログラム」を開発。数々の男女の腹を 凹ませ、仕事・恋愛両面での成功体質に導く。特に男性向けのハラミ(腹美)体操・女性向けのカルビ(軽美)体操は、気軽に取り組め効果大との声が多い。成蹊大学とのコラボレーションによる「美肌肉ダイエット弁当」をプロデュースするなど、肉食によるダイエット普及に 力を注いでいる。著書に、『“私史上一番”な愛されボディになれる 最強「肉食」ダイエット』(世界文化社)、『デキる男の超・肉食習慣』(アチーブメント出版)。

<FB> https://www.facebook.com/kae.hasegawa.1

<Twitter>https://twitter.com/29dietkae/

http://29diet.com/