• TOP
  • Health & Beauty
  • ダイエット教習所【14】肉食弁当入門編(後編)

2016.11.30

ダイエット教習所【14】肉食弁当入門編(後編)

お弁当作りチャレンジ1週間も後半。作り置きメニューを上手に活用するのも、朝の忙しい時間にお弁当を作るためには大切ですね。編集部員の奮闘ぶりをぜひご覧ください。

ダイエット教習所【14】肉食弁当入門編(後編)

3日目

【献立】

煮豚の塩焼き(作り置きメニュー)
ゆでたまご
オクラのツナマヨ
サラダチキン(コンビニの市販のもの)
キノコのマリネ

 

 

編集部員:これも作り置きの煮豚を活用しました。

 

 

長谷川先生:まず、タンパク質豊富なお肉をメインにするのは守ってほしいポイントですね。そしてこの日もぜひスープは持ってきてください。

 

編集部員:野菜はオクラとキノコを使いましたが、これはどうですか。

 

長谷川先生:オクラは、ネバネバ成分のムチンがタンパク質を分解してくれるので、お肉と一緒に食べるといいですよ。大きく切って歯ごたえを残し、おかかと和えるだけで一品できるので、どんどん使ってほしいですね。この日はマヨネーズと和えていますが、マヨネーズもOKです。太りがちとおもわれるんですけど、卵と油とお酢なので血糖値を上げないんですね。

 

編集部員:キノコはどうですか。

 

長谷川先生:キノコは糖質が少ないので毎日食べて大丈夫。特にマイタケ、マッシュルームは低糖質なんです。マイタケは食物繊維が豊富だし、マッシュルームは高タンパク質で基礎代謝をあげてくれるのでお肉と一緒食べるのもいいですよ。マイタケを牛肉で巻いたり、マッシュルームをオリーブオイルで焼いて粉チーズを振るだけでも美味しいです。

 

編集部員:サラダチキンはコンビニで買ったものに、赤しそのふりかけで味を変えて入れてみました。
長谷川先生:サラダチキンはいろいろなコンビニでいろいろ売っているのでいいですね。簡単だし、あれだけでお腹いっぱいになりますからね。味付けを変えるのもいいですね。飽きてしまうと続かないので、工夫しましょう。ここまで、お米が一切ないですけど?

 

編集部員:頑張りました!

 

長谷川先生:すばらしいですね!! もし何かどうしても食べたかったら、もやしを炒めて塩昆布と混ぜたり、塩コショウだけで味をつけると、ご飯代わりになりますよ。歯ごたえを残してたくさん噛んで食べることがポイントですね。

 

編集部員:レンジでチンするだけでもいいですか?

 

長谷川先生:もちろん。レンジでマッシュポテトを作るのもいいですね。ジャガイモをレンジでチンして、つぶしたものに塩こしょうと牛乳で味付けするだけで、ご飯代わりにできます。じゃがいもより、もやしのほうがベストですけどね。

 

編集部員:もやしは値段も安いし、試してみます。

 

長谷川先生:そうですね、味付けも何でもOKですしね。お腹がすいてしまうときは、もやしをプラスしてください。栄養面というよりは、これはかさ増し的な意味合いが大きいですね。

4日目

【献立】

ローストビーフ
ゆでたまごとチーズのサラダ
クレソン
ミニトマト
たっぷり具入りホットトマトスープ

 

 

編集部員:今日は奮発してローストビーフを入れてみました。
長谷川先生:ここでがっつり牛肉が出てきましたね。ローストビーフと言っても簡単にフライパンで作れるので、ぜひ試してほしいです。200gのもも肉をブロック(売り場にない場合はスーパーでお願いして希望の大きさにカットしてもらいましょう)で買い、常温にして塩とブラックペッパーをなじませます。あとはオリーブオイルをしいたフライパンで全面を焼き、蓋をして弱火で蒸しましょう。余ったら別の日に焼いて他のお肉料理にアレンジしてもいいですね。

 

編集部員:牛肉ということで、付け合わせにクレソンを入れました。

 

 

長谷川先生:クレソンやルッコラはオススメです。ビタミンCをたっぷり含んだ野菜を食べるようにしましょう。ビタミンCはタンパク質を吸収するために必要な栄養素といわれています。お肉と一緒に食べるとよいですよ。あと、よく噛んで食べるために歯ごたえがあるものを入れるのもポイントです。

 

編集部員:ゆで卵とチーズのサラダはいかがですか。

 

長谷川先生:どちらもタンパク質ですから問題ありません。が、またミニトマトが入ってますね。トマト好きですか?

 

編集部員:はい(笑)。スープの具にも使ってしまいました。

 

長谷川先生:ミニトマトも1、2個ぐらいならいいとは思いますが、10個で糖質が7.2g、トマト1個が3.2gなので、糖質が多いことは理解しておいてくださいね。スープについては、サラダチキンやレタスやしめじは大きめにカットして、食べ応えを感じられるようにするといいですね。レタスは最後に入れて、歯ごたえも残しましょう。

 

編集部員:先生、一週間のお弁当献立を見ていただきましたが、この4回のお弁当、全体的にはいかがでしたか。

 

長谷川先生:お肉も野菜も毎日きちんと入っていましたし、バランスばっちりですね。タンパク質がしっかり摂れている点もOKです。これにスープを毎日飲めば、代謝の高まる脂肪燃焼系の体になれますよ。

 

編集部員:ほかにお弁当作りで注意したほうがいいポイントはありますか。

 

長谷川先生:食べ応えや歯応えを重視してほしいですね。切り方や火の通し方に注意してください。肉と緑の野菜、スープは毎日。そして、ふんだんに使っていいのはチーズとキノコです。

 

 

今回のお弁当を参考に、明日からお弁当作りにチャレンジしてみては? 注意すべきポイントを押さえてお弁当作りをすれば、肉ダイエットがさらに加速できるかも。

長谷川香枝

長谷川香枝

肉ダイエット・インストラクター。日本で唯一の「人生を変える肉食指導」を行う。ダイエット・美容・健康の敵と思われがちな肉を正しく食べることで健康的にやせられる事実を普及するべく、「kae式肉ダイエットプログラム」を開発。数々の男女の腹を 凹ませ、仕事・恋愛両面での成功体質に導く。特に男性向けのハラミ(腹美)体操・女性向けのカルビ(軽美)体操は、気軽に取り組め効果大との声が多い。成蹊大学とのコラボレーションによる「美肌肉ダイエット弁当」をプロデュースするなど、肉食によるダイエット普及に 力を注いでいる。著書に、『“私史上一番”な愛されボディになれる 最強「肉食」ダイエット』(世界文化社)、『デキる男の超・肉食習慣』(アチーブメント出版)。

<FB> https://www.facebook.com/kae.hasegawa.1

<Twitter>https://twitter.com/29dietkae/

http://29diet.com/