2016.03.18

ダイエット教習所【7】希少部位ストレッチ!

今日は、職場でもできる、簡単部位ストレッチです。

ダイエット教習所【7】希少部位ストレッチ!

イチボストレッチ

ダイエットにつきものと考えがちなハードな運動は一切必要ありません。簡単 なストレッチでダイエット効果は期待できます。イチボとはお尻周辺のお肉のことです。今回は、お尻から太ももにかけて引き締めるダイエットストレッチをご紹介します。

ストレッチにより筋肉をしっかりほぐし、代謝をあげ血流をよくすることでエネルギーの消費量が増えるのです。

何もしない人よりも、ストレッチをする人のほうがエネルギーをより多く消費できます。つまり継続していけば、基礎代謝があがって痩せ体質に! 特に日頃運動する習慣がない人は、ストレッチをして筋肉を伸ばすだけでも効果が期待できるはずです。

ポイントは無理せず、イタ気持ちいいと感じる程度に、どこが伸びているのかを意識しながらやること&自分で回数を決めないことです。たとえ3回でも毎日続けることが大事なんですよ。

では、実際にやってみましょう。

 

(1)椅子に座り、太股の前面、外側、内側をさすり、膝もくるくるとなでます。さらにすね、ふくらはぎと続けてなでましょう。続けて、太股の前面、外側、内側、さらにすね、ふくらはぎと、グーで軽く叩き刺激します。

 

 

(2)姿勢を正して、お腹に力を入れて直立します。右足の指先を持ち、足をお尻につけるようにして、息を吐きながら右太股の前面をぐっと伸ばします。片足で上手くバランスをとりましょう。逆の足もおこないます。

 

 

(3)次に太股の後ろをさらに伸ばします。膝を床に対して直角に立てます。立てた左膝へ手を添え、息を吐きながら、上半身をぐっと前へ押し出していきます。脚の付け根からぐぐぐっと伸びるのが感じられるはず。逆の足もおこないます。

 

(4)太股の後ろ側が気持ちよく伸びるのを感じながら、前屈。これも息を吐きながら。

 

(5)お尻を意識して、肛門をキュッと締めて立ちます。これはいつでもできて、ヒップアップの効果が期待できるので、移動中の電車の中でも!

 

(6)体育座りの状態から右足を左膝に乗せ、両手を肩幅にひろげ体の後方に置きます。そして右膝をそのままぐっと押し下げていきます。太股の後ろから臀部までを刺激できるので、お尻が垂れてきて、脚との境目がなくなってしまった方にぴったりのストレッチです。左脚をしっかり立てることを忘れずに。逆の足もおこないましょう。

 

(7)椅子に座り、左脚を上げ右足の上に置く。そして、息を吐きながら左膝を肘でぐっと押し下げます。このとき上半身が左に傾かないように。図のような姿勢で膝を押してください。このストレッチは太股と臀部に刺激を与えることができます。椅子に座りながらできるので、オフィスでも簡単にできますよ。

 

「肉ダイエット」にストレッチも加えれば、鬼に金棒ですね。お肉を食べて筋肉をつけながら、ストレッチでしっかりほぐして代謝アップさせましょう。露出が多くなる季節の前に、今からすぐに始めてみては?

長谷川香枝

長谷川香枝

肉ダイエット・インストラクター。日本で唯一の「人生を変える肉食指導」を行う。ダイエット・美容・健康の敵と思われがちな肉を正しく食べることで健康的にやせられる事実を普及するべく、「kae式肉ダイエットプログラム」を開発。数々の男女の腹を 凹ませ、仕事・恋愛両面での成功体質に導く。特に男性向けのハラミ(腹美)体操・女性向けのカルビ(軽美)体操は、気軽に取り組め効果大との声が多い。成蹊大学とのコラボレーションによる「美肌肉ダイエット弁当」をプロデュースするなど、肉食によるダイエット普及に 力を注いでいる。著書『デキる男の超・肉食習慣』(アチーブメント出版)。

<FB> https://www.facebook.com/kae.hasegawa.1

<Twitter>https://twitter.com/29dietkae/

http://29diet.com/