• TOP
  • News
  • 【Love at first bite】炭火焼肉「ふちおか」

2017.05.30

【Love at first bite】炭火焼肉「ふちおか」

肉メディア編集部が独断と偏見で紹介する、一口目から恋するレストラン。今回のひと目惚れならぬ、ひと口惚れしたお店は、経堂にオープンした「炭火焼肉 ふちおか」。

【Love at first bite】炭火焼肉「ふちおか」

「なかはら」イズムを継承。至極のカットはここでも健在!

以前「なかはら」を取材した時(今宵も、味目(みめ)麗しきレストラン Vol.2)、「もうすぐ独立するスタッフがいるんですよ」と紹介された渕岡さんの店が5月5日にオープンしました。

 

小田急線・経堂の駅を降り、農大通りをまっすぐ。雰囲気のいい店が立ち並んでいるなぁ、いい場所にお店を構えられたなぁと思いながら3分ほどで到着。小粋な暖簾に染め抜かれたその名は「炭火焼肉 ふちおか」。

 

メニューの中心は、おまかせの「ふちおかコース」6,800円。
まずは前菜3種盛りが運ばれてきます。トマトキムチ、白センマイの和え物、ミックスナムル。
白センマイが出色! きちんと仕事をしたあとがうかがえます。続いてやってきたサラダは、すりおろしのニンジンや玉ネギを使った自家製ドレッシングがうまっ。サイドディッシュも抜かりなし。

 

準備万端のところで、いよいよお肉。
柚子胡椒、ニンニク醤油、甘めの焼肉ダレの3種の薬味が用意されます。
まずはサーロインから。テーブルにセットされた炭火の焼き台で片面数秒ずつ炙っていただきます。うーん、火が入って溶け出した脂のあまいこと。いきなりうっとり。もみダレの塩梅もすばらしい。

 

 

続いて、特選部位盛り合わせ5種。

塩2種とタレ3種の盛り合わせ。ハラミ、カメノコウ、シンシンなど、この日のおすすめ肉が出てきました。一度カットしたところにもう一度包丁を入れる、「二枚引き」という切り方はもちろん、どの肉も、とにかくカットが美しい。さすがのひとこと。それもそのはず、オーナー兼料理人の渕岡さんは「炭火焼肉 なかはら」、さらに前身の「七厘」でも修行を積んだ職人さん。肉が本来持っているポテンシャルを最大に引き出し、ベストな厚さに仕上げる技術はしっかりと継承されていました。

 

コースはまだまだ。お口直しのゲンコツスープに、黒毛和牛メンチカツと続きます。このメンチカツがまたうまいっ! 肉の旨味がしっかり楽しめるジューシーメンチ。もう1個食べたいくらい。〆は、甘みのあるスープが特徴の冷麺で。

 

このコースでも充分お腹いっぱいになりますが。。。

もう少し食べたいなぁなんていう(私たちのような)方は、メニューから単品で追加していきましょう。おすすめを聞いて、この日はシャトーブリアン2,800円(1カット)、中落カルビ2,000円、そしてライスを注文。タレがあまりにもうまいんで、米を我慢することができなかったんです(笑)!

 

「肉の仕入れの状態によって、タレの甘さは調節してます」(渕岡さん)

 

なるほど。サシが多めのときには、甘さを抑えているんですね。美味しい肉を一番美味しい状態で食べて欲しいという思いが伝わります。私達がライスに手を出したのは必然だったのです(笑)。

 

さて、追加のおかわり2品目はシャトーブリアン。この日は九州のもの。日に応じて日本全国から選りすぐりの和牛を入れているそうです。サシの美しさ、そしてカットの美しさにまたまたうっとり。

 

店内は4名用のテーブル席のほか、カップルやおひとり様でも楽しめるビッグテーブル、さらに掘りごたつ式の個室もあり、用途に応じた使い方ができそう。経堂においしい焼肉レストランがまたひとつ増えました。

ごちそうさまでした!

※価格はすべて税抜きです

 

(取材・文/Keiko spice)

炭火焼肉「ふちおか」

〒156-0052

東京都世田谷区経堂1-5-8 ロイヤルハイツ経堂 1F

営業時間:17時~23時
休:水曜

  • 03-6804-4829