• TOP
  • News
  • 亀戸はローストビーフも凄いんです!

2017.06.06

亀戸はローストビーフも凄いんです!

下町グルメが熱い。なかでも熱さマシマシなのが亀戸。

地域名を冠した餃子やホルモン店から、予約の取れないイタリアンや焼き鳥店、以前肉メディアでも紹介した「リトル肉と日本酒」もある、なかなかのグルメタウンなのであります。そこにまた、「ローストビーフのうまい店ができたってよ」とのタレこみが!

亀戸はローストビーフも凄いんです!

餃子やホルモンだけじゃない!

亀戸駅北口から徒歩約3分の場所。5月15日にオープンしたのが「ミートファクトリー&カフェ亀戸」。テーブルとカウンターを合わせ約20席のこぢんまりとした空間。カウンター上のショーケースには、グッドルッキングなジャーサラダも並び、亀戸に似つかわしくない(失礼!)お洒落な雰囲気。

 

メニューを見ると、まず目に飛び込んできたのがサンドイッチ。具材をこれでもか! と挟んだ、今、流行のタイプです。まずはローストビーフサンド1,580円(ハーフ790円)をお願いします。

 

「ビーフは、豪州産ブラックアンガス牛を使用しています」と言うのは店長の佐々木さん。
「塩コショウで下ごしらえをし、肉を休ませながら、さらに焼くというのを繰り返し、最後は外側をカリッと、なかはジューシーに仕上げます」

 

おお、それは楽しみ! と思っているところに、サンドイッチが運ばれてきました。具があふれないように、両手でしっかりとおさえてガブリ!!

 

薄切りのトライチップ(トモサンサク)がたっぷり。肉のうまみがハンパない! フレッシュなレタスやトマトもバランスよく入り、それらをライ麦パンがしっかり受け止めています。さらに、おいしさの決め手はパンに塗られたマヨネーズ。自家製のはちみつや卵を使う特別な工房のものだそうで、控えめな酸味が抜群に合います。

 

他にもアンチョビ&ゆで卵1,080円(ハーフ540円)も頼んじゃおう。

半熟の玉子が心を、いや、胃袋を鷲づかみ!  そして、何かが突出することなく、おいしくまとまっています。バーガーもそうですが、サンドイッチって具とパンとのバランスが肝心なんですよね。

 

こだわりのローストビーフはお好みのカットで

こうなったら、ローストビーフそのものも味わってみなくては。

 

おっ、「ローストビーフプレート」1,800円なるメニューを発見!! こちらは、赤身のうまさをしっかり感じるリブロースを使用。ナイフがすっと入るやわらかさ。ほどよい噛みごたえに、肉を食べる喜びをひしひしと感じます。カットも客の好みに合わせてくれるんですって。添えられたフレンチフライは米油で揚げてあり、クリスピーかつヘルシー。

 

ライ麦パンのトーストも付いた完璧プレートにもかかわらず、この価格はすばらしい。いくら下町といってもリーズナブルすぎますよね?
「実は、肉の加工会社が経営しているんです。だから、おいしいお肉をお安く提供できるんですよ」。なるほど!  これに、「肉屋のおいしいスープ」680円を付けたら完璧。

 

さらに、ローストビーフだけじゃなくエスプレッソもイケてます。かつて“エスプレッソマシンのフェラーリ”と称されていたラ・チンバリのマシンで淹れてくれるんですよ。使用する豆は、同じ亀戸に営業所をもつハマヤコーヒーのもの。キレのいい味わいのエスプレッソ300円で、すっきりしまりました。

 

もう大満足。すっかりお腹がいっぱいになっちゃったので、デザートのティラミス500円や獺祭ジェラート500円は次回のお楽しみといたします!

 

ちなみにこちらのお店、夜も営業しているんです。仕事帰りにサクッとサンドイッチやスープを冷えたビールとともに味わうのもよさげですよね!

 

 

※価格はすべて税込です

 

(取材・文/Keiko spice)

Meat Factory & Café Kameido(ミートファクトリー&カフェ亀戸)

〒136-0071

東京都江東区亀戸2-25-4
営業時間:10時~23時
休:火曜
公式WEB:http://mfckameido.tokyo/index.html

ご予約やお問い合わせはお電話の他にメールでもOK! info@mfckameido.tokyo

  • 03-5875-3925