• TOP
  • Restaurant
  • あの人のけしからんレストラン「又三郎」

2016.08.10

あの人のけしからんレストラン「又三郎」

教えたいけれど教えたくない、でも仲のよい人には教えたい!
そんな名店を食通がリレー方式で紹介していきます。

あの人のけしからんレストラン「又三郎」

紹介してくれた人 秋山 具義さん

大阪の長居という中心地からちょっと離れた場所にある店。でも、いついっても満席状態なんです。ここの熟成肉は本当にすごいと思う。東京などのいろんな店で熟成肉を食べたけど、ここほど味に深みと凄みがある店はなかなかないんじゃないかなぁ。焼肉も食べられるんですが、初めてここに行った時に熟成肉を食べて、感動したのでそれ以来行くたびに熟成肉ばかりです。

 

熟成肉コースをおまかせで頼むと、まずは熟成肉も入っているソーセージや生ハムや野菜の前菜がでてきて、その後にその日にいい状態の熟成肉2種を目の前で焼いてくれる。熱で曲がってドーム状になった網の上でじっくりと焼き、途中アルミホイルでつつんで肉を休ませ旨味を中にとじこめる。これが焦らされているようで肉ドMの自分には堪らない(笑)。オーナーの荒井世津子さんの焼き方と旨味のとじこめ方が実に見事で、いつも見入ってしまいます。
先日行った時の熟成肉2種は、「高知県産土佐あかうしメス8.1kg骨付サーロイン」と「茨城県産黒毛和種メス10.6kg外平」。特にあかうしが食べられるタイミングはなかなかないらしくラッキーでした。熟成具合も完璧で、その芳醇な香りとジューシーな旨味だらけの肉汁が今思い出してもヨダレもの。

 

さんざん熟成肉コースを堪能してお腹が膨れても絶対に食べちゃうのが「ヒレステーキサンド」。50年間の自分の人生のサンド至上1位なんです。カットされて出てくるので、レアで焼かれたヒレ肉の赤身の鮮やかさが美しく、見ただけでヨダレが出てきます。パンはこの店のサンド用に焼いてもらっているそうで、周りサクッとほどよくモチッと肉の味を引き立てて、これ以上の組み合わせはないんじゃないかと思わされます。
まだ食べれるぜ! という方には「熟成ハンバーグサンド」もぜひ。ここのハンバーグは味も食感も他店では食べられないと思います。ハンバーグ好きには食べてもらいたい一品ですね。

 

「又三郎」は、昨年若くして亡くなった大好きな友人に連れてきてもらった店なので、自分の中でも本当に大切な存在なのです。

又三郎

〒558-0003

大阪府大阪市住吉区長居2-13-13 長居パークホテル1F

  • 06-6693-8534

秋山 具義

秋山 具義

1966年秋葉原生まれ。

1990年日本大学芸術学部卒業。同年、株式会社I&S(現I&S/BBDO)入社。1999年デイリーフレッシュ設立。
広告キャンペーン、パッケージ、写真集、CDジャケット、キャラクターデザインなど幅広い分野でアートディレクションを行う。
主な仕事に、TOYOTA「もっとよくしよう。」、東洋水産「マルちゃん正麺」広告・パッケージデザイン、NHK BSプレミアム「ワラッチャオ!」キャラクターデザイン、AKB48「さよならクロール」CDジャケットデザインなど。
イタリアンバル 中目黒「MARTE」のプロデュースも手掛ける。最新著書に『秋山具義の#ナットウフ朝食_せめて朝だけは糖質をおさえようか』(トランスワールドジャパン)がある。