• TOP
  • Restaurant
  • 生姜焼きだヨ! 全員集合(1)

2016.09.15

生姜焼きだヨ! 全員集合(1)

今年の夏も暑かった……、台風も例年に増して激しかった……、もうダメ……。そんなバテ気味のあなた、今すぐ生姜焼き(ポークジンジャー)を食べなさい!

 

生姜焼きだヨ! 全員集合(2)

生姜焼きだヨ! 全員集合(3)

生姜焼きだヨ! 全員集合(4)

生姜焼きだヨ! 全員集合(1)

まずは四ツ谷の名店からスタート!

みなさんにご好評いただきました、タレシミごはん特集。あれに続くものはないかなと考えていたところ、編集長から「Keikoさん、豚の生姜焼きはどうですか?」というナイスな提案が!

 

 

残暑厳しいこの時期、バテバテの身体にひと踏ん張りさせたい今こそ食べたいのが、ビタミンB1たっぷりの豚肉にジンジャーパンチを利かせたひと皿。汁だくの豚肉を白飯にのせて頬張れば、間違いなくうっとりのあの一品です。都内にうまい店数あれど、真っ先に浮かんだのは、中央線の真ん中にあるこの2店。

 

 

まずは、四ツ谷駅近くの行列店「かつれつ四谷たけだ」。2011年9月に閉店した名店「洋食エリーゼ」を、オーナー竹田さんの「大好きな揚げ物を、もっともっとこだわってやっていきたい」という思いから、揚げもの専門店へとリニューアルしたお店。行列はかつてのエリーゼそのまま。もちろん中心メニューはとんかつ(冬季に出されるカキフライも絶品!)ですが、唯一の炒めメニューとして、ポークジンジャーがあるのはご存じ?

 

 

ポークジンジャー定食(1,050円)は、やわらかな熟成豚ロース肉を使用。焼く前は、厚み1cmはあっただろうと思われる肉は、ナイフがすっと入るやわらかさ。おろし生しょうがと甘辛しょうゆを使ったタレは、甘過ぎず、辛過ぎず、角がない。そしてなによりごはんが進む味! これ、大事です。平日は13時から、土曜は11時から提供されます。

エリーゼの系譜はすごかった!

この周辺にはもう1軒、お気に入りの店があります。
四谷三丁目にほど近い「キッチンたか」。カウンター6席の小さな洋食店です。揚げもの専門店になった「たけだ」に代わり、エリーゼの“炒め味”を受け継いだのが、オーナーの高橋さん。調理器具の多くも譲り受けたと聞きます。

 

 

ここのポークジンジャー(980円)がまた抜群なのですよ。
まずは、肉に小麦粉をまとわせてからフライパンへ。こうすることにより、肉に一気に火が入りかたくなってしまうのを防ぐほか、ソースも絡みやすくなるんですって。フタをしてじっくりとフライパンを見つめる高橋さん。音や香りから、“その時”を見極めます。

 

 

さあ、その時がやってきました。オリジナルソースと、フレッシュなおろし生姜を投入し、皿へ。ああ、この香り、早く食べたい! ナイフで食べやすい大きさにカットして、いざ!

 

 

こちらはまた、かなりの汁だく。でも、これがまたうれしい。千切りキャベツに染み込ませ、肉と一緒にごはんにオン。キレのいいソース、肉、キャベツ、ごはんのマリアージュに、頬が緩みっぱなし。カウンターでひとりニヤニヤしてしまうこと間違いなしなのです。

 

 

さあ、このあともバンバンうまい生姜焼き(ポークジンジャー)を発掘していくので、こうご期待!

 

 

 

※価格はすべて税込です

(取材・文:keiko spice)

 

 

 

「かつれつ四谷たけだ」

TEL:03-3357-6004
住所:東京都新宿区四谷1-4-2 峯村ビル1階
営業時間:11:00~15:00L.O.、17:00~21:00L.O.(土曜は~15:00L.O.)
休:日曜、祝日

 

「キッチンたか」

TEL:03-3356-2646
住所:東京都新宿区荒木町3-1
営業時間:11:00~20:00(土曜は~15:00)
休:日曜、祝日

※テイクアウトもOK! 店頭では待つ場合があるので予め電話での注文がおすすめ。