2017.01.04

肉、鍋図鑑(4)

寒い毎日を温めてくれる鍋特集もいよいよ最終回! シメは韓国系の2店でホットにいきましょう。「たまには東京以外の店も紹介してよ」の声にお応えして、名古屋のすっごい肉鍋もご紹介いたします!

肉、鍋図鑑(4)

まずは、予約マストの逸品からスタート!

新宿のゴールデン街横にあるディープな韓国料理店、モンシリ。テーブル席と座敷席があり、なかなか落ち着く空間。今日は、ここで本場韓国スタイルの鍋をいただこうというわけ。

 

と、その前に! 予約時に忘れちゃならないのが「ポッサムをお願いします」のひとこと。予約がないと食べられないこのすばらしきひと皿から始めなければ!

 

ポッサムは、韓国の伝統料理。蒸し豚やキムチを葉っぱに包んでいただくんですが、モンシリのものは、よそとは格段に違います。まず、蒸し豚のうまさ、そして、ポッサム用に特別に用意されたキムチのレベルの高さ! この日は、梨や牡蠣も入っていて、辛さのみならずキムチの奥深さを感じるものとなっていました。

 

サンチュとエゴマの葉を重ね、そこに分厚い蒸し豚とキムチ。お好みで青唐辛子やニンニクをトッピングして包み、そのままパクッ。いくらでもいけますね。

 

さあ、ウォーミングアップもしたし、鍋=チゲにいきますよ!!
モンシリでは、ホルモン、トリ、タラ、ジャガイモ(カムジャタン※下段写真右)、プデの5種の鍋があります。さんざん迷った揚げ句、選んだのはプデチゲ(2~3人前で3,000円)!

 

プデ=部隊という名のとおり、朝鮮戦争後の物資不足の時代に米軍から流出したソーセージやランチョンミートなどを用いて、軍のみなさんが食べていたところから始まる鍋料理。当時は、ヘルメットを鍋代わりにしていたというエピソードも残っているんですよ。

 

大きな鍋のなかは、白菜、玉ねぎなど、たくさんの野菜と、豆腐、キムチ、ランチョンミート、そしてとろけるチーズと盛りだくさん。そして、中心的存在のインスタントラーメン。日本の場合、炭水化物は食材をさらったあとで〆に入れられるのが通常だけれど、点火前から入っているのが韓国スタイル。

 

ぐつぐつ煮えていくと、徐々に赤く染まっていくスープ。これは、鍋底にあらかじめセットしてあったコチュジャンなどがほどよくまざってきた証拠。スタッフにおねだりして、とろけるチーズをマシマシしてもらったら、できあがり!

 

玉ねぎのおかげで、辛さのなかにほんのり甘みも広がって絶品。それにキムチとチーズは発酵食品同士、相性抜群なんですわ。食べ終わったころには、ほどよく発汗する私たち。定期的に食べたい味です。マシッソヨ~。

 

 

※価格はすべて税込みです

■モンシリ
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-5 ドゥ・ベルフィーユ1階
営業時間:15時~翌2時(※早く閉まることもあり)
休:無休

TEL:03-5155-7598

名古屋に、豆乳韓国鍋を発見

ところで、最終回直前にこんなタレこみが!

 

「名古屋に、肉メディアにぴったりの鍋があるんですよ」
こ、これは・・・! 送られてきた写真に魅せられちゃいました。名古屋駅西口すぐにある「張家(チャンガ)」の鍋らしい。気になったらいてもたってもいられないので、早速取材開始。

 

こちらは、鍋料理に力を入れているコリアンダイニングなんですって。

もつ鍋やタッカンマリもありますが、なかでも人気なのが、姫鍋。鉄板の鍋の回りは、花びらのように美しく広げられた豚肉がこれでもかというくらいの土手状態! そして、その下にはたっぷりのキャベツ。

 

白く見えるのは何ですか?
「鶏でダシをとった豆乳ベースのスープです。高麗人参やナツメなど、美肌効果が期待できるものをたくさん入れてあります。さらに・・・」

 

さらに?
「コラーゲンボールを投入します」
ええっ、イソフラボンたっぷりの豆乳にビタミンB1豊富な豚肉、女性ホルモンの分泌を活発にするポロンという成分が含まれるキャベツ、そこにコラーゲンボールだなんて、無敵でしょ。しかも、これで1人前1,500円(注文は2人前から)とは、ステキすぎますね!!

 

さあ、スープが沸騰してきました。弱火にし、土手を崩してしゃぶしゃぶ風にしていただきます。
キャベツは鉄板で軽く蒸し焼きされているから、豚肉と一緒にスープにくぐらすとちょうどいい塩梅で火が通るんですね。考えられているなぁ~。スープ、肉、キャベツを盛りつけたら、まずはブラックペッパーで味付け。大人っぽいテイストがいいですね。オリジナルの付けダレで食べてもイケます。〆は、ごはんを入れてリゾット風に。うーん、大満足!

 

薬膳マイスターが作る、滋味あふれる鍋

オーナーの理恵さんは、薬膳マイスター。だからこそ生まれたビューティ鍋なのですね(ちなみに、元プロ野球選手、入来祐作選手の奥様でもあります)。

 

おいしく食べて、そしてキレイになっちゃう(かもしれない)鍋は、女子力アップのためにも欠かせない一品といえそう。 もちろんお肌に気を使うメンズにもぴったり。姫鍋に辛さをプラスした「ワイルド姫鍋」なるホットなメニューもあるというから、これはまた用事を作って名古屋にいかなくちゃ。

 

ああ、鍋の世界はますます広がる~。来年も冬季にまたお会いしましょう?!

 

 

※価格はすべて税別です

■韓国料理 張家(チャンガ)
住所:愛知県名古屋市中村区椿町13-1 1階
営業時間:17時~23時30分(日曜・祝日は~23時)
休:無休
TEL:052-453-0529
http://www.chang-ga.com

 

 

(取材・文:Keiko Spice)