2017.03.17

下町ランチ天国(2)

東京五輪に向け、再度注目が集まっている東京の下町、浅草駅周辺。観光はもちろんですが、実はランチ定食が充実しまくっているグルメな街でもあることをご存知したか? 今回はそんな下町にあつまる優秀なランチ名店を集めました。

下町ランチ天国(1)

下町ランチ天国(2)

焼き肉と冷やし中華の愛しいコラボ

下町のランチといったら、JR浅草橋近くの「水新菜館」はハズせない。

あんかけ、広東麺麺が有名な「水新菜館」。でも、肉メディアのイチオシはこの店にとって冷やし中華的存在の「ツンロー冷麺」&「焼き肉冷麺」

 

今日紹介するのは、「焼き肉冷麺」950円。
これって、いったいどんなメニュー? 細切れの肉&玉ねぎをいためたアツアツの焼き肉の下に、冷たい細麺と冷やし中華のスープが隠れています。そうです。“焼き肉+冷やし中華”これが、ここのオススメ、「焼き肉冷麺」なのです。

 

甘じょっぱい焼き肉タレの味の後、ピリっと辛さがおしよせ、後引くうまさ。麺は細麺で、下にある冷やし中華のスープもほどよい酸味と甘みが絶妙のバランス。冷たくコシがある麺とアツアツの焼き肉を一緒にズルっとすすれば、口の中で焼き肉とのタレと冷やし中華のスープが混ざり、なんとも言えない“上品な”ジャンク感がたまらんのです。焼き肉と冷やし中華ってこんなに合うんだ。これは箸が止まりません。うーん、お昼から幸せ。

無我夢中で食べきれば、スープまで完食。はぁ、ごちそうさま!

 

また、最近はワインメニューも豊富。庶民的な下町の中華屋さんで、「こんな本格的なワインがなぜ?(失礼)」と人情味あふれる名物大将に聞いてみると、なんと息子さんが、トゥール・ダルジャンのソムリエさんだそうで、最近はワインにも力を入れているんだそうです。
これは、夜もお邪魔してワインも飲まなくては。

今日も相変わらずおいしい、「水新(菜館)」なのでした。

 

※価格はすべて税込みです

 

 

「水新菜館」
TEL:03-3861-0577
住所:東京都台東区浅草橋2-1-1
営業時間:11時30分~15時00分/17時30分~20時45分
休:日曜・第2第4土曜

昼肉(ヒルニク)のスタメン選手!

地元に愛されている町の鉄板ステーキ屋さん「わかき」。昼は近所で働くサラリーマンやOLさん、夜は家族連れで賑わっている名店。“昼肉”といえばここ。あー肉食べたいっ! となったら是非思い出してほしい1軒です。

ここのランチはもう1択。ステーキ!
有名なのは、1,000円以下で食べられる「サーロインステーキ 200g」1,000円、「プライムステーキ 180g」900円です。今回、肉メディアがオススメするのは、後者の「プライムステーキ」。ランチではすべて、ライス+スープ付き!!

 

「プライムステーキ」で使われている肉は、US産。それをシンプルに塩コショウでガツっと焼いて、2種類(18種類の材料から作ったソース or ガーリック)から選べる特製ステーキソースをかけて食べます。
もちろん鉄板はアツアツ。テーブルに運ばれた後にソースをかけてくれるので、ジュウジュウとソースが弾ける音が食欲をそそります。付け合せは、人参グラッセかコーンを選んで。

 

肉質は繊維もやわらかく、とても食べやすい。本当にこの金額でいいんですか?! って言いたくなっちゃうほどの肉質。“肉たべてます感”ハンパない。そうそう、これ、これ。いくら安くたって、肉、ステーキ食べるならこの感覚がなくっちゃね。もちろん特製ソースも主張はなはだしくなく、USビーフとの相性抜群。

 

ランチも12時にはもう満席。行列ができることも多いですが、ちょっと早めに訪問すれば◎です。

昼時は女性お一人様でステーキを食べている方がたくさんいますよ!

 

※価格はすべて税別です。

 

「わかき」
TEL:03-3861-3639
住所:東京都台東区浅草橋3-28-13
営業時間:11時00分~15時00分/17時00分~22時00分
休:月・ 火曜日

 

(監修:Hisae tago)