• TOP
  • Restaurant
  • みんな大好き町中華  うまい肉メニューを探せ(3)

2017.03.23

みんな大好き町中華  うまい肉メニューを探せ(3)

赤いカウンター、無造作に置かれた醤油や胡椒の瓶、厨房からはゴーッ!という強い火力の音、そして中華鍋と玉杓子を操る音がリズミカルに鳴り響く……。魅力あふれる町中華特集の第3弾は、いきなり甘酢のうまさにやられた隠れ名店です。

町中華特集(1)

町中華特集(2)

みんな大好き町中華  うまい肉メニューを探せ(3)

餃子とチャーハンにノックアウト! 肉メニューはどうだ?

木曜の夜8時50分に到着。なんですか、この行列は!?

ここ、渋谷や新宿じゃないですよ。本駒込ですよ。しかも見た目は普通の町中華! なのにこの人気ぶり。そして並ぶこと25分……、ようやく入店が叶いました。4人掛けテーブル3卓、カウンター7席とこじんまりした造りにもかかわらず、厨房には料理人が3人。さらにカウンター上の庇には名前入りのキープボトルがずらり。かなりの人気店であることがうかがえます。

 

まず注文したのは玉子チャーハン650円。パラパラ具合もうまさも尋常じゃありません。感動したのが揚げ餃子550円。基本形の餃子に甘酢あんがかかり、なにしろビジュアルが美しい! 皮のうまさ、ニンニク不使用にもかかわらずコクのある中身、そして甘酢あんのうまさ。キタコレ! こうなったら肉メディア的なものイッとかないと。甘酢+肉といえばもちろん酢豚でしょう。

 

ピーマン、ニンジン、玉ねぎが入った正統派、日式酢豚の登場です。950円。豚肉の揚げ具合がすばらしい。野菜もちょっと生の感じを残していて、極うまの甘酢とよくからみます。しかも軽い。さらにうまい肉メニューを探したい衝動に駆られ、胃袋はフル活動。

 

メニューも豊富。肉類だけで牛、豚、鶏とあります。メニューが下手に多い店って外れる場合があってちょっと怖いのですが、牛肉のカキ油炒め1,050円、牛肉のバーベキューソース炒め1,100円も頼んじゃいましょう。

食べれば食べるほど「なのに」があふれ出てくる店だった!

薄切りの牛肉にシメジ、ニンジン、ピーマンなどを加えた、いわゆる「うま煮」な炒めもの。しかしなめちゃいけない。火の通り具合がドンピシャ! 肉はやわらかく、野菜はシャキッと。特にカキ油の味付けは濃過ぎずほどよい。これはごはんにも合うなぁ。

 

まだまだうまいものがあるはず! と店内を眺めているうちに気づいたのが店の清潔さ。

さすがに古さは感じるけれど、きちんと掃除がされているのがわかります。ますます高感度アップ。

さらに、持ち帰りのオーダーが頻繁。ジャンジャン鳴る電話もその注文のようです。うずたかく積まれた持ち帰り品をチェックすると一番人気はやはり餃子。肉っぽいものも見えますよ。「それって何ですか?」「鶏から揚げね」。なんと、「来々軒(「みんな大好き町中華(1)」で、ご紹介)」と違い、鶏のから揚げが! もちろん頼むでしょう。若鶏の唐揚げ950円は衣厚めでシンプルな味付け。これまたビールが進む一品。

 

驚きの連続でした。
「日式なのにから揚げは鶏」、「町中華価格なのに使用する野菜のグレードが高い」、「出前はやってないのに電話がジャンジャン鳴る」、「メニューがめちゃめちゃ豊富なのに残念な感じがない」、「この手のお店はどちらかというとキタナシュランなところが多いのに清潔」、「餃子はニンニクなしなのに兆徳ラーメンはすさまじいニンニク味(しかもうまい)」。そして、「日式なのに厨房もホールもスタッフはすべて中国の方!!」という、いい意味で裏切られまくりの「なのに店」だったとは!!

 

2階には前日までに予約可能な宴会席もあるということなので、これはもう人数を集めて訪問。気になるメニューを片っ端からやっつけたい気持ちで満々なのであります。

 

※価格はすべて税込みです

(取材・文:Keiko Spice)

兆徳(ちょうとく)

〒113-0023

東京都文京区向丘1-10-5

営業時間:11時30分~14時30分/17時30分~23時30分(土・日曜、祝日は~22時)
休:不定休

  • 03-5684-5650