• TOP
  • Restaurant
  • あの人のけしからんレストラン「カルネヤサノマンズ」

2017.11.24

あの人のけしからんレストラン「カルネヤサノマンズ」

教えたいけれど教えたくない、でも仲のよい人には教えたい!
そんな名店を食通がリレー方式で紹介していきます。

今までの食通たちの“けしからん”レストランはこちら

あの人のけしからんレストラン「カルネヤサノマンズ」

紹介してくれた人 サカキ テツ朗(デザイナー サカキラボ所長)

ここ数年、人気の熟成牛。東京にも熟成牛を食べさせるお店が瞬く間に増えてきましたが、私が絶大な信頼を置いているのが、高山いさ己シェフのお店、西麻布にある「カルネヤサノマンズ」です。彼が焼いてくれたステーキを、私の会社にあるキッチンでいただいたのが最初の出会いでした。

 

一番のお気に入りは、熟成牛のハンバーガー。そもそもステーキよりも手軽にお肉が摂取できるハンバーガーは大好きで、今までいろいろなお店のものを食べていたのですが、彼のつくるハンバーガーに出会った時は、その噛みしめる肉のウマさに大きな衝撃を受けました。ハンバーガーって日本ではファストフードに位置づけられがちなのですが、彼のつくるハンバーガーを食べると、あぁ、これはファストフードなんかじゃなくて立派な食事メニューなんだということを実感させられるのです。

 

カルネヤサノマンズにはいくつかのハンバーガーがありますが、最も食べていただきたいのが、熟成牛のプレミアムバーガー。やわらかなバンズに挟まれたボリューム満点のパティは迫力の250g。そんなに食べられるかな?と最初は怯みますが、手切りした熟成牛と黒毛和牛を程よく配合した100%ビーフパティ、つなぎは一切使っていないので、意外とスルスルとお腹の中へ消えてゆきます。2人で半分ずつというオーダーも可能なので、自信のない方はまずはシェアから試してみるのはいかがでしょうか。

大事なのは、ナイフとフォークではなく、手づかみで「わしっ!」とかぶりつくこと。かぶりつくのとつかないなのでは全く味わいが違うのです。したたる肉汁とともに熟成肉に顔をうずめる喜びをぜひご体験あれ。思わず「うまーいっ!」と唸ってしまいますよ。

カルネヤサノマンズ

〒106-0031

東京都港区西麻布3-17-25

  • 03-6447-4829

サカキ テツ朗(サカキラボ所長)

サカキ テツ朗(サカキラボ所長)

行動心理学に基づいたコミュニケーションを研究するデザイン事務所・サカキラボの所長。

シャンパーニュ取材がキッカケで大のシャンパーニュ好きに。キッチンを主体とするコミュニティスペース「LAB and Kitchen」(www.labpaper.jp)を運営する。季刊で発行するフリーペーパー「LAB.」は毎号さまざまなテーマをもとにインテリア、デザイン、食を紹介する。

http://www.sakakilab.net