• TOP
  • Restaurant
  • 【Love at first bite】お肉屋けいすけ三男坊

2016.05.13

【Love at first bite】お肉屋けいすけ三男坊

肉メディア編集部が独断と偏見で紹介する、一口目から恋するレストラン。

今回のひと目惚れならぬ、ひと口惚れしたお店は、東京広尾にオープンした「お肉屋けいすけ三男坊」。

【Love at first bite】お肉屋けいすけ三男坊

年間150頭、山口の名牛「高森和牛」に惚れた!

このうっとりするようなビジュアル!  肉ラヴァーの皆さま、どうですか? これを20分ほど焼いて、同じ時間休ませます。そしてカットされた肉を一口……。

 

惚れた! 惚れました!

 

一瞬にしてフォーリンラブです。脂はのっているがクドさは1ミリも感じず、やわらかで弾けるような肉質、ジューシーな肉汁が口の中にあふれる。これを幸せと呼ばずしてなんと言いましょうか。

 

あぁ、すみません。あまりの美味しさに興奮して順番が狂ってしまいました。こちらは山口県の名牛「高森和牛」塊焼き、でございます。え、知らない。そりゃそうかもしれません。なんせ年間150頭しか世に出回らないのですから。オレイン酸をたっぷり含んだなめらかな脂は上品な甘さを感じさせ、限りなく柔らかいのにスッと噛み切れてしまう肉質は芳醇で香り豊か。その素晴らしい肉は塊肉専用のロースターで焼かれ、外側はこんがり、中はしっとりと仕上がります。焼きあがった肉はお好みでワサビや塩ダレポン酢を。山口の河村醤油はちょっぴり甘めで、これがまた肉に合う。ヤバい、コースの後半なのに1枚ペロリだわ。

※写真は2人前です。

東京初! 「高森和牛」が食べられる店が広尾駅徒歩2分にオープン!

この希少名牛が食べられるのは広尾に5月16日にグランドオープンした「お肉屋けいすけ三男坊」。

 

お肉屋を始めたいと思い立った日から全国行脚してまだ知られていない銘柄牛を探し求めた。「高森和牛」の噂を聞き、山口まですっ飛んで厚切りステーキを食べたところ、その味に感動してしまい、東京で食べられる店を作って高森和牛を広める!と即決。シェフを山口に修行に出し、物件を見つけ、やっとここまできたという、なんと高森和牛ありきの店なのです。広尾駅から徒歩2分、大人っぽい設えの店内は2〜4人掛けのテーブルやグループにも対応できるソファ席、そしてそして隠し扉の向こうには個室も!  各テーブルの焼台は無煙ロースターで煙はゼロ!  遠赤外線効果で肉が格段に美味しくなる。飲み物もビール、焼酎、ハイボール、サワー、シャンパン、ワイン、女子に人気の獺祭スパークリングもございます。デートにも、女子会にも、お忍びにも、便利極まりないってもんです。

今ならオープニング特別価格! コース1,000円引きにワイン1本が付いてくる!

オススメは何と言っても、特選けいすけコース(8,000円)。

こちらならではの極上塊焼きをはじめ、厚切り牛タンや和牛すきしゃぶ、超絶美味しいミノのサラダ仕立てやトリュフ入りポテトサラダなど全13品。肉、野菜、つまみのバランスがとっても良く、お腹も心も大満足。シメには牛骨ラーメンが登場しますが、これがまたヤバウマなんです。

 

それもそのはず。実は横浜家系ラーメン「一刀家」もグループ会社なので、麺やスープのノウハウがある。ちょっと太めの麺は牛骨スープが絡みつき、ラーメン通も納得いく味。しかもコクはあるのにさっぱりしていてシメにはうってつけなんです。デザートは獺祭ケーキとスノーアイス。ほんのりお酒の香りが漂うけれど飲めない人にもいけちゃいます。スノーアイスってなんぞや? と思ったら、かき氷とアイスクリームのハーフって感じ。かき氷のような口溶けとアイスクリームの濃厚な味のいいとこ取り。こんなスペシャル素敵なコースが今ならなんと8,000円→7,000円なんです。おまけにワインも1本付いてくるっていう、お得過ぎて笑っちゃうお話。飲めない人にはソフトドリンク1杯サービスですのでご安心を。

これを読んだアナタは超ラッキー! 誰よりも早く高森和牛の美味しさを味わって!

※価格はすべて税抜きです

 

 

(取材・文:高橋 綾子)

お肉屋けいすけ三男坊

〒150-0012

住所:東京都渋谷区広尾5ー2ー25  HONGOKUビル地下1F  A号室

 

営業時間:17:00~24:00(L.O. 23:30)

休:不定休

公式web:http://ok3.jp

  • 03-3446-2929