• TOP
  • Special
  • くにろくが教える、絶品! 居酒屋肉メニュー 前編

2017.09.07

くにろくが教える、絶品! 居酒屋肉メニュー 前編

都内のレストラン&居酒屋を食べ歩く「東京食べある記」blogでおなじみのブロガーくにろくさん。以前の「不朽の名店」でも寄稿いただきましたが、今回は飲兵衛編集部員のたっての希望により、酒がうまくて、おいしい肉メニューがある居酒屋を厳選してもらいました。呑兵衛ならば今すぐでかけたくなるお店ばかりです。最高だ~!!

 

くにろくが教える、絶品! 居酒屋肉メニュー 後編はこちら

くにろくが教える、絶品! 居酒屋肉メニュー 前編

名サーバーが注ぐ極上の生ビール“まるF”と食す、激うまメンチ

木製のドアを開けると思いのほか広い、少しレトロな空間が現れる。新橋駅から少し歩いたところにある洒落た雰囲気のビアホール「ビアライゼ’98」だ。客層は仕事帰りのサラリーマンが多く、誰もが遠慮なく大きな笑い声を響かせ、楽しげにビールを飲んでいる。これほど嬉しい気分にさせてくれる酒場も珍しいものだ。

 

この日は蒸し暑く、ビールを飲むのが待ち遠しかった。「マッチ棒が立つほどのきめ細かい泡」として有名な生ビール。その一杯一杯が、日本屈指の名サーバーと言われる松尾光平氏の作品である。一杯目はこの店の名物ともいうべき「アサヒの樽生」を頼んだ。通称“まるF”と言われ、都内でも数店舗しか取り扱っていない希少なビール。このビールを目当てに来る客も少なくない。

 

同行者は「本日のビール」の中からアメリカのクラフトビール「ブルームーン」をオーダー。ブルームーンはオレンジピールの甘味とほろ苦さが絶妙で、酸味もあり軽すぎない。男女問わず人気のビールだ。

丁寧に注がれた生ビールを、ゆっくり味わいながら飲む幸せは言葉にできないほど。そしてビアライゼ’98のもう一つの魅力は、ビールに合う凝った料理の数々だ。この料理がビールの魅力を更にもう一段引き上げているのだ。

 

最初に「トマトとチーズの甘酢和え」や「生春巻き」、「ソーセージ3種盛り」を頼む。ソーセージは説明の必要のないほどビールとの相性がいい。甘酢和えのトマトは皮をむいてあり食べやすく、生春巻きには野菜がたっぷり入っている。ひと手間かけた料理が美味しさの秘訣だ。

 

そして絶対にオーダーしてもらいたいのが、ビアライゼ名物の「メンチカツ」。ナイフを入れると、ザクッという嬉しい音が聞こえてくる。香ばしい衣の中に肉のうま味がぎっしりと詰まっている。たっぷりと掛かったブラウンソースは、手間暇かけて作られた伝統の味。コクがあって、ビールのお供に最高だ。肉の旨味を噛みしめて極上のビールを楽しむことができるビアホールだ。

 

 

「BIER REISE ’98 」
住所:東京都港区新橋2-3-4 新橋パークビル1F

地図はこちら
電話:03-5512-5858
営業時間:ビアホール営業(月~金)16:00~22:30(L.O.22:00)/(第1.3.5土)16:00~21:00(L.O.20:30)/ランチ営業(月~金)11:30~14:00
休:日曜・祝日・第2.4土曜

 

 

名物バーの絶品カツサンド。バーボンソーダとの相性抜群

新橋でもう1軒紹介するとしたら、オーセンティックバーの「GINZA1954」も外せない。老舗ならではの風格があり、オレンジ色の落ち着いた照明と重厚な雰囲気の中で、しっとりとお酒を楽しむことができる。
この日頼んだのは「ラフロイグのソーダ割」と「季節のカクテル」だった。残暑が残る蒸し暑い夜に飲むラフロイグのソーダ割は最高。スーッと喉を通すと、ラフロイグ独特の香りが鼻腔を抜けていく。季節のカクテルはメロンだった。甘くてトロリとした贅沢な一杯を香りを楽しみながら少しずつ飲み進める。

 

この店は上質なカクテルだけの店ではなく、名物の「カツサンド」があまりにも有名だ。

豚肉の上質な味わいとボリューム。そして見た目の美しさ。食べた時の満足感はこの上ない。これで2,000円は高いだろうか。いいや、この満足度は値段を凌駕していると思う。

 

分厚くて切り目の綺麗なカツをフワリとしたパンが挟み、皿の上に二段になって出てくる。ほどよいソースが効いていて、一緒にウイスキーやバーボンのソーダ割が飲みたくなってしまう。食べている最中には気取ったカクテルよりも男らしい、カツに負けない少しクセのある酒がいいだろう。食べ終えた時の幸福度はなんとも言い難い。それほどに美味しくて、満足度の高い料理である。2人でも十分なボリュームがあるので、ぜひお腹をすかして注文してもらいたい。

 

カツサンドでがっつりとお腹を満たした後は、繊細なカクテルを堪能するのもいい。種類が多すぎてかえって迷ってしまう人も多いと思う。迷った時には、その日の気分や自分の好みをお店の人に話して、飲んだことのない未知のカクテルに出逢うのも一興である。僕は最後に定番のマティーニをお願いした。思わず襟を正してしまうほどの風格だ。一日の〆としては最高の一杯となった。
「GINZA 1954 」
住所:東京都中央区銀座8-5-15 SVAX銀座ビル B1F

地図はこちら
電話:03-3571-2008
営業時間:(月~金)18:00~翌3:00/(土)18:00~翌0:00
休:日曜

web:http://www.heartman-ginza.jp/1954/

くにろく

くにろく

人気ブログ「くにろく 東京食べある記」主催。テレビや雑誌のグルメ特集のブレーンなどを数多く務め、東京の食に関する情報を発信。著書に『東京 駅近 居酒屋名店探訪』(東京書籍)などがある。ジロリアン(ラーメン二郎愛好家)としても知られる。「くにろく居酒屋探訪記」http://www.kuniroku.net/
■「東京食べある記」blog

http://kuniroku.com/